身近に迫るうつ病の種類│男性よりも女性の方がうつ病のリスクが高い

  1. ホーム
  2. うつ病患者をバックアップ

うつ病患者をバックアップ

花

どう接していくべきかは一概にはいえない

身近にうつ病患者の人がいる場合、どう接していいか困るということは少なくありません。うつ病患者の種類を全体としてみると、一概にどう接した方が正しいとは言えないからです。そのため、うつ病患者として大きな枠で捉えるのではなく、個人相手としてどう接していくかを考える必要があります。相手の話をしっかり聞き、「どうしてほしいのか」「どうしたいのか」ということを聞き出すだけでも、ぐっと接していくのは楽になります。相手のためを思って「こうするべきだ」と押し付けてしまうのは、かえって敵対心を生んだり最悪症状を悪化させたりしてしまう場合もあるため、避けるようにしましょう。多くの場合、うつ病患者というのは理解してくれる人を求めています。しかしながら、相手を正確に理解するということは非常に困難なため、「理解したい」という姿勢を見せることが大切です。

「頑張れ」は厳禁

よく健常者の方に、うつ病患者を励まそうと頑張れとエールを送る人がいます。しかしながらこれはうつ病患者の人には逆効果である可能性が非常に高いです。特に非定型うつ病と呼ばれる種類のうつ病の場合、第三者から見るとあたかも都合のいい病気の種類のように見えてしまいますが、非定型うつ病の患者は、本人は頑張っていても感情の浮き沈みを自身でうまくコントロールすることができません。そんな頑張っている時に更に「頑張れ」と言われてしまっては、そのたった一言が大きな負担となってしまうことだってあります。一言にうつ病と言っても、色んな種類のうつ病が存在しています。だからこそ、うつ病患者に必要なものは相手の話を聞き、相手の心を理解しようとすることです。